注目の記事 PICK UP!

京都五山送り火・嵐山灯篭流し

嵐山灯篭流し

京都の夏を代表する風物詩。
祇園祭が絢爛豪華であれば、京都五山送り火は風雅のひとこと。
お盆に迎えた先祖の霊を再び送るため、精霊送りの意味を込めて火が焚かれるのです。
その起源は、平安時代、室町時代、あるいは江戸時代とも言われていますが、風光明媚な遠景を前にすれば静かに息をのむばかりです。

この精霊送りは6つの山を使って行われます。
市内ビルの照明が落ちる20時ごろ、京都駅を背に右手側にある”東山如意ヶ嶽”から「大文字」、5分おきに山を左に移して、「妙法」「船形」「左大文字」最後に「鳥居形」がともされます。
スケールのとても大きな行事のため、ベストポイントはそれぞれ異なります。
一度にすべてを眺めるのは難儀です。

市内は、静謐な空気に包まれますが、観光客で混みあうので、落ち着いて眺めるのであれば、市内ホテル、もしくは同日に行われる「嵐山灯篭流し」を楽しむのもオススメです。
様々なイベントが提案されています。
直前では、ホテル予約も取れにくいので、翌年を想定してホテルの問い合わせるのが正解かも。

■見どころ
東山如意ヶ嶽の大文字は、京都市全域から眺めることができます。
全国的にも有名ですよね。
送り火当日でも護摩木(300円)の受付が可能です。(銀閣寺門前6~14時予定)

■主な演目:京都五山送り火(20時/東山如意ヶ嶽「大文字」、20時05分/松ヶ先西山・東山「妙法」、20時10分/西賀茂船山「船形」、大北山/「左大文字」、20時20分/嵯峨鳥居本曼茶羅山「鳥居形」)、灯篭流し

■概要
開催:8月16日 京都五山送り火20時ごろ~、灯篭流し19時~21時 受付10時30分~20時30分
住所:京都五山送り火・京都市内全域、灯篭流し・嵐山渡月橋付近
交通:嵐電及び阪急「嵐山駅」より徒歩6分
問い合わせ:京都市観光協会 075-752-7070
宿泊:京都ホテルオオクラ 京都市中京区河原街御池 075-211-5111
↓じゃらんならお得な価格で予約できます↓
≫京都ホテルオオクラの詳細・予約はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 祇園祭

    祇園祭

  2. 岸和田だんじり祭

    岸和田だんじり祭

  3. 舁き山笠・七流

  4. 長崎・精霊流し

    長崎・精霊流し

  5. 曽我どんの傘焼き

    曽我どんの傘焼き

  6. 八戸三社大祭

    27台の山車が豪快に舞う八戸三社大祭の見どころと口コミ

  7. 岳の幟

    岳の幟

  8. 阿波踊り

    阿波踊り

  9. 寄居玉淀水天宮祭

    寄居玉淀水天宮祭




最近の記事

  1. 東京発仙台七夕まつりツアー
  2. 山形花笠まつり
  3. 秋田竿灯祭り
  4. 青森ねぶた祭り
PAGE TOP