埼玉県指定の名勝地・玉淀は、荒川の河原が広がり、夏にはアユ釣りをはじめ川遊びやキャンプなどの行楽地としても人気です。
そして、毎年8月第一土曜日に行われる祭りは、日本百名城にも選ばれる国指定史跡・鉢形城跡を背景に開催されます。
玉淀の下流の水神と水天宮を祀り、水難除けと安産を祈ります。

各町内から、ボンボンや提灯で美しく飾られた舟山車が5隻、赤く灯りながら登場。
城跡から打ち上げられる、幻想的な5000発の花火と、荒川の川面に映る万灯の競演は、「関東一の水祭り」と呼ばれているほど!
ラストを飾る大迫力なナイアガラも、お見逃しなく!

■見どころ
水天宮祭の付け祭りとして昭和6年から続く花火大会は、19時~21時に開催。
仕掛け花火やスターマイン、ラストを飾る130mにも及ぶナイアガラなど、迫力満点。

■概要
開催:8月第一土曜日(8月1日) 19時~
住所:大里郡寄居町玉淀河原
交通:東武東上線・秩父鉄道・JR「寄居」駅から徒歩15分
問い合わせ:寄居玉淀水天宮祭実行委員会事務局・寄居町商工観光企画誘致課 048-581‐2121
宿泊:ホテルシティプラザ寄居 大里郡寄居町桜沢888-1 048-501-5550
↓じゃらんならお得な価格で予約できます↓
≫ホテルシティプラザ寄居の詳細・予約はこちら

主な演目:花火大会