日本三大瓦のひとつ、日本最大の生産量をほこる「三州瓦」の生産地として名高い高浜市。
歴史が色濃く残る土地で開催されるのは、春日神社で行われる「高浜おまんと祭り」。
約200年の伝統をもつ駆け馬奉納行事で、雨乞いのため神社に奉納した説が由来として一般的です。

祭礼では、円周約100mの円形馬場内を馬が走り、法被に地下足袋姿の若衆が飛びつき、人馬一体となって勇壮に駆け抜けます。
なんと、走っている馬は一周を10秒切って走るので、時速約40kmという計算になりますね。
また、祭りの前後では馬とお囃子、若衆が街中を練り歩くので、必見です。

■見どころ、
危険を冒しながら馬と一緒に走る姿は勇敢そのものです。
若衆や子供たちは、白の乗馬ズボンに、どんぶりとよばれる前掛けをして、法被、手ぬぐい鉢巻き、地下足袋に草鞋という、独特のお祭り姿に。
子供はポニーを、少年の部は、大人のサポートなしで少し早い馬に挑戦するのです。
主な演目:10月3日~4日 出、駆け馬、ひけ

■概要
開催:10月3日~4日
住所:高浜市春日神社
交通:名鉄三河線「三河高浜」駅から徒歩10分
問い合わせ:高浜市観光協会 0566-52-2288
宿泊:衣浦グランドホテル 碧南市田尻町1-1-9 0566-41-7171
↓じゃらんならお得な価格で予約できます↓
≫衣浦グランドホテルの詳細・予約はこちら