平安時代、相馬氏の祖である平将門が、軍事訓練として馬を敵兵にみたて、追い捕えた野馬を神前に奉納したことが相馬野馬追の由来。

■見どころ

毎年7月の最終土曜日からの3日間、町は祭一色となり、騎馬武者があちこちに出現します。
みどころは日曜日の「本祭り」で行われる、旗指物をなびかせ疾走する「甲冑騎馬」と、花火とともに上空に打ち上げられた御輿旗を奪いあう「神旗争奪戦」。
騎馬の勇壮な姿がたのしめるほか、騎馬武者が身に着けている先祖伝来の貴重な武具や馬具を眺めるのもたのしみのひとつです。

騎馬武者が陣列を組み、合戦の舞台となる雲雀ヶ原祭場地へ進軍する行列は、まるでッ戦国時代にタイムスリップしたかのようです。

■概要

開催:7月25日11時~ 26日9時30分~ 27日9時~
住所:雲雀ヶ原祭場地ほか
交通:JR常磐線「原ノ町」駅から臨時バスで10分
問い合わせ:相馬野馬追執行委員会事務局 0244-22-3064
宿泊:飛天(相馬市和田字中迫104-3) 0244-38-7000

相馬野馬追の口コミ投稿募集中!

口コミ投稿された方にはアマゾンギフト券500円をプレゼント!
詳細はこちら