四季折々の景勝が楽しめる最上峡をはじめ、風光明媚な自然に囲まれる山形県新庄町。
8月24日夕方、山車に灯りがともされると、山車は30~40人の若連衆で構成される囃子方と子供たちの「チョレンコヤッサ―」の掛け声とともに町内へ。

■見どころ

歌舞伎や歴史絵巻を再現したきらびやかな山車は夜を華やかにかざり、まるで幻想的な世界に誘われるよう!

翌日の本祭りでは、夏の日差しを浴びて鮮烈な色彩を放つ山車行列。
最終日には、飾り山車として全20台が街中に集結しフィナーレを迎えます。
初日の宵まつりとはまた違った山車の表情が見られるのも見どころのひとつです。

総勢200名が新庄藩の武士になりきり、市内を巡行する神輿渡御行列は注目。
足軽の息のあった足さばきや傘回しの妙技など、数多くのみどころがあります。
主な演目:山車行列、神輿渡御行列、萩野・仁田山鹿子踊、飾り山車

■概要

開催:8月24日 宵祭り 8時30分~ 25日本祭り 7時~ 26日後祭り 9時~
住所:新庄駅前、市内一円
交通:JR山形新幹線ほか「新庄」駅すぐ
問い合わせ:新庄まつり実行委員会 0233-22-6855
宿泊:ゆめみの宿 観松館 最上町瀬見温泉 0233-42-2311
↓じゃらんならお得な価格で予約できます↓
≫ゆめみの宿 観松館の詳細・予約はこちら

新庄まつりの口コミ投稿募集中!

口コミ投稿された方にはアマゾンギフト券500円をプレゼント!
詳細はこちら