日本のお祭りベスト100選をランキング!行きたいお祭りがきっと見つかる日本の有名なお祭りの見どころを一挙紹介。お祭りがある場所には名湯と言われる温泉もあります。お祭り見物の後は温泉で汗を流して美味しい料理を味わってください。お祭りと温泉が同時に楽しめるコンテンツにしました。

  1. 未分類
  2. 4 view

伊香保温泉歳事記

伊香保温泉は季節ごとに表情がちがいます。
1年を通じて四季折々の楽しみ方がこの伊香保にはあるのです。

【1月】
●初詣
元旦、伊香保神社では参拝客に甘酒をふるまい、静かな年明けを迎えます。大みそか深夜から深秘行事「天狗祭」が行われている榛名神社では、深夜0時、一番太鼓と共に山門が開く。
境内から投げられた108つの天狗餅を拾うと運がよくなると言われています。
●氷上ワカサギ釣り
1月下旬から3月上旬に厚く張った氷に穴を開けてワカサギを吊ります。ワカサギの穴釣りは、榛名湖の冬の風物詩。

【2月】
●節分
3日の水澤寺の節分会には、毎年1万5000人を超す参拝客が集まり、盛大に豆まきが行われます。
●榛名神社神楽始式
15日、前日に履き清められた神楽殿で、1年の無事を祈って神楽「神代舞」が奉納されます。
「日本書紀」「神代」に基づく神話を題材にした重々しく格調高い舞で知られています。

【3月】
●石段ひなまつり
6~7日、ひな壇に見立てた石段街に、うす化粧をし、美しい雛衣装をまとった可愛い子供雛たちが登場。
早春の街を華やかに飾る、ほほえましい催し。

【4月】
●さくら
上旬・・渋川から伊香保に至る道筋の桜並木など、街中のサクラが満開に。
水澤寺では、ソメイヨシノ、シダレザクラ、八重ザクラ、ウコンザクラなど約50本の桜の木が次々に境内を彩ります。
なかでも中旬に満開を迎える樹齢約200年のシダレザクラは見事!

【5月】
●つつじ
中旬、伊香保温泉街から榛名湖へ向かう沿道や山中では、ヤマツツジやミツバツツジが満開に。
なかでも長峰自然公園は、ツツジの群生の向こうに温泉街が見おろせる、ベストスポット。

【6月】
●榛名神社粽まつり
5日、神事の後神前に備えられた粽が参拝客に配られます。
小さな餅をカヤの葉でつつんだ粽は、災難よけ、厄除けとして効力があるとされます。

【7月】
●たびの日いかほ感謝デー
第一月曜・・伊香保を訪れる観光客へ、1年分の感謝を込めた祭り。歌謡ステージや盆どり大会、かがり火行列などの賑やかなイベントのほか、宿泊施設や飲食店、娯楽施設などで割引サービスを提供。

【8月】
●伊香保ハワイアンフェスティバル
上旬、ハワイトは姉妹都市として交流を結ぶ伊香保が、ハワイ一色となる3日間。
本場ハワイの表情豊かなフラと、ハワイアンミュージックの調べに街中が酔いしれます。

【9月】
●伊香保まつり
18~20日、伊香保神社例大祭をはさんで繰り広げられる、温泉街あげてのまつり。
腰でもみあいながら石段をのぼる樽神輿渡御は迫力満点。
伊香保ゆかりの文学者、徳富蘆花を追悼する蘆花祭や、温泉に感謝する湯汲み神事なども行われます。

【10月】
●伊香保ロープウェイ夜間運行
10~11月、物聞山の紅葉の時期に合わせ、伊香保ロープウェイが夜間運行されます。
秋の澄んだ夜気が心地よく、見晴駅からの夜景が美しい。
●県立伊香保森林公園ヘルシーハイキング
最終日曜、ツツジ、紅葉、カンバなどの自然植生に恵まれた広大な森林公園でのハイキング。
秋空の下、紅葉を愛でながら歩いたあとは、りんごなどのお土産はかがでしょう。

【11月】
●紅葉
上旬・・9月下旬から染め始めた紅葉が、10月になると山全体を覆い、やがて湯元温泉街に降りてきます。
湯沢川にかかる河鹿橋は、朱塗りの欄干に真っ赤なモミジが映え、まるで絵を見るような美しさ。

【12月】
●伊香保神社姫行列
大晦日・・2002年の暮れに、地元の女性たちが伊香保姫に見立てたこけしを神輿にのせ、伊香保神社に奉納したのが始まり。その後、こけしの下に敷くお座布団を毎年新しく奉納するといいます。
おそろいの法被をまとった女性30名あまりが、小さな神輿をはさんで深夜の石段街を登っていく姿は、年の暮れの伊香保の新たな風物詩になりそう。

未分類の最近記事

  1. 伊香保温泉歳事記

PAGE TOP