注目の記事 PICK UP!

おわら風の盆

おわら風の盆

2015年に北陸新幹線が開通し、東京から最速2時間ちょっとで富山県まで行けるようになりました。
日本海に面しながら、隣には飛騨山脈や北アルプス山脈がそびえる自然の宝庫なのです。
岐阜県との県境にあるおわらの里、越中八尾は、飛騨山脈に属する8つの山の裾野に細長く広がっています。
そのなかの旧町と呼ばれる地域は、山の傾斜に沿って石を積み上げた坂の多い町。
日本の道100選の諏訪町本通りや、道の両脇を流れる伝統的な水路を流れる水の音など、古きよき町並みが生きています。

このおわら風の盆は9月の頭に旧町の東新町、西新町、諏訪町、上新町、鏡町、東町、西町、今町、下新町、天満町、福島地区で行われます。
阿波踊りやねぶた祭りと違い、それぞれの町で行うのが特徴。
地元の人々との距離が近いので、町の風情を楽しんだり、土地の文化を味わうことができるのです。
おわら風の盆
風の盆というの名は、この土地の地形上、秋のはじめに強い風が吹くことに由来しています。
この風をしずめるための祈りの舞いがおわら踊りです。
目深に編笠をかぶった踊り子たちが町を踊り流す様子は、実に優雅。
きらびやかに飾りたてる装飾品や、力強い太鼓のリズム、歓声を上げる観客はひとつもありません。
そこにあるのは、古くから続く町の由緒ある踊りとおわら節のみ。
おわら風の盆
踊りの種類は3つ。踊りのメインとなる町流しや輪踊りでは豊年踊り、男踊り、女踊りを見ることができます。
豊年踊りは、老若男女問わず全員が踊るのに対して、男踊りや女踊りは四季踊りとも呼ばれ、季節に合わせて所作が異なります。
女性の衣装は、浴衣に黒帯、赤い帯留めですが、浴衣の色は町ごとに様々です。
草履は赤い鼻緒が特徴です。
飾り気のない、伝統的な踊りを象徴するかのような衣装は、祭りの雰囲気を象徴しています。

全11支部の踊りを一度に見ることはできません。
しかし、おわら演舞場でなら支部または6支部の踊りを同時に見ることができます。
各支部が趣向を凝らした舞台は必見です。

  • 主な演目
    9月1日、2日町流し・輪踊り15~23時(17~19時は休憩)、踊り方教室14~16時
    (曳山展示館にて) おわらステージ17時~、おわら演舞場19~21時(5~6支部)
    9月3日町流し・輪踊り19~23時、踊り方教室14~16時(曳山展示館にて)、おわらステージ17時~ おわら演舞場 指定席3500円 自由席2000円
  • みどころ
    各町内で町流しや輪踊りが行われます。通りの道が細いので、踊りを間近かで見られるのでオススメです。
    越中八尾駅から演舞会場方面へ歩いていくと、ところどころで町流しに遭遇します。
    各町の踊りを見くらべるのも楽しみ方のひとつですよ。

■概要
開催日:9月1~2日 15時~23時 3日 19時~23時
住所:八尾町旧町 駅前地区
交通:JR越中八尾駅かた徒歩すぐ
問い合わせ:越中八尾観光協会 076-454-5138
宿泊:宮田旅館 076-455-2011(こちらから>>じゃらんで宿泊予約できます)
宮田旅館

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 宇出津あばれ祭

    宇出津あばれ祭

  2. 沼田まつり

  3. なら燈火会

    なら燈火会

  4. 青森ねぶた祭り

    東京発青森ねぶた祭りツアー

  5. 桐生八木節まつり

    桐生八木節まつり

  6. 長崎・精霊流し

    長崎・精霊流し

  7. 八戸三社大祭

    27台の山車が豪快に舞う八戸三社大祭の見どころと口コミ

  8. 新庄まつり

    山形県の代表的なお祭り見物新庄まつり口コミ

  9. 祇園祭

    祇園祭




最近の記事

  1. 東京発仙台七夕まつりツアー
  2. 山形花笠まつり
  3. 秋田竿灯祭り
  4. 青森ねぶた祭り
PAGE TOP