■見どころ

平安時代天保の頃(1830年)から受け継がれてきた能代の七夕祭りでは、天空にそびえるような灯篭を見ることができます。
その高さは、24,1m。日本一の高さを誇る灯篭には、能代の槍山城城主・安東愛李の生涯が描かれており、その絵巻を詠むのもたのしみのひとつ。

運行コースは、国道101号線、能代市役所交差点から昭南町交差点までの往復約2.3㎞。
どちらかの地点で陣取り、巨大灯篭が方向転換する迫力シーンを見物するのがオススメです。
下から見上げる灯篭は迫力満点!能代の宵を照らす妖艶な明かりは、不夜城と言われ見るものをひきつけながら町を練り歩きます。

■概要

開催:8月2日~4日 全日程18時30分~
住所:けやき公園ほか
交通:JR五能線「能代」駅から徒歩10分
問い合わせ:能代七夕天空の不夜城協議会事務局 0185-52-6344
宿泊:湯らくの宿のしろ 能代市落合字亀谷地1-11 0185-54-2121
↓じゃらんならお得な価格で予約できます↓
≫湯らくの宿のしろの詳細・予約はこちら

能代の七夕祭りの口コミ投稿募集中!

口コミ投稿された方にはアマゾンギフト券500円をプレゼント!
詳細はこちら