鹿沼宿の氏神・今宮神社に由来するのが、「鹿沼ぶっつけ秋祭り」です。
国の重要無形民俗文化財に指定され、屋台を飾る彫刻が見事!

1日目は、古くからのしきたりが感じられる日。
各氏子町を出発した27台の彫刻屋台が、今宮神社の参道に集結して境内へ練り込み、神官のお祓いを受けて夕刻になる頃、屋台は各町に戻っていきます。
ここでおこなわれるのが注目の「ぶっつけ」。
囃子の競演ぶっつけの熱気を全身で感じとってパワーを注入を。

2日目は、のびやかな空気の市民祭りがメイン。
屋台揃い曳きと呼ばれるパレードは、4カ所から出発した屋台が集うと、花美がフィナーレを知らせます。

■見どころ
「動く陽明門」とよばれる鹿沼の彫刻屋台が今宮神社でお祓いを受けた後、各町へ戻ります。道すがら、数台の屋台が対面して囃子の演奏を競いあう「ぶっつけ」は、若者の熱気があふれて迫力満点。
主な演目:10月10日ぶっつけ・今宮神社への練り込み・練りだし 11日ぶっつけ・屋台揃い曳き

■概要
開催:10月10日~11日 10日13時~21時 11日10時~21時
住所:鹿沼市 中心市街地 今宮神社および古峰原宮通り石橋町交差点
交通:JR日光線「鹿沼」駅から徒歩10分
問い合わせ:鹿沼ぶっつけ秋祭り実行委員会事務局 0289-63-2303
宿泊:宇都宮ステーションホテル 宇都宮市駅前通り2-1-8 028-637-0111
↓じゃらんならお得な価格で予約できます↓
≫宇都宮ステーションホテルの詳細・予約はこちら